クレジットカードによってまるで違う審査難易度について

クレジットカードを発行してもらう際に、避けては通れないものが審査です。クレジットカードによっては、審査難易度に差があるものもあります

そして切り口によっては、様々な審査難易度を感じることができるでしょう。

まずは、国際クレジットカードブランドです。

現在、主な国際クレジットカードブランドは、ビザ、マスター、JCB、ダイナース、アメックスといったところですが、このうち前の3つが同じくらいのクレジットカード 審査難易度であり、ダイナースとアメックスは少し難易度が上がります。

プロパーカードか、提携カードかによってもクレジットカード審査難易度は変わります。プロパーカードというのは、例えば発行元がDCカードであればそれしかついていないようなカードです。

提携カードは、それ以外に家電量販店や小売業のロゴがついていたりしますが、提携カードの方が審査難易度は低い傾向にあります

そして、発行元がどこかもクレジットカード審査難易度に影響を与えます。消費者金融系や流通系が発行元の場合には、審査難易度はあまり高くはありません。

その次に信販系が来まして、銀行系のクレジットカードは、クレジットカード審査難易度としてはかなり高いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>